GOODS PC

【GOODS】迷ってるなら絶対オススメしたいLGワイドモニタ「29UM69G-B」

LGモニタ 29UM69G-B

どうもどうも、本日もアイセブンです。

今日は仕事にもオススメしたいアイテムをご紹介しちゃいましょう。

今、モニタを買いたい、買い替えたいと悩んでいるそこのあなたにオススメしたいモニタ!
紹介したいモニタはLGのワイドモニタ29UM69G-B」という型番のモニタになります。買ってよかったランキング相当上位に入りますので悩んでいるあなたに必見のアイテムですよ!




29インチLGモニタ「29UM69G-B」がなんでオススメなのか

29インチLGモニタ「29UM69G-B」

今回ご紹介する商品はこれです。

結論から言えばゲームにも仕事にも有利だからです。
そうでなければ買う意味はないですよね。はっきりいってずるいレベルです。チートですw

チートまでは冗談ですが、有利なのは間違いないので、何故そこまで有利なのかを書いていこうと思います。

横幅が広い

とにかく一番の特徴はす、横幅が広い。正確に言えば「解像度が2560×1080」になっていること、これです。
現在一番使用率の高いモニタの解像度は1920×1080なので数値だけでも540px(ピクセル)分横幅が広くなっているということになります。
それはどういうことかと言えば、画像見てもらえばわかりやすいですね。

FF14の画面

FF14の画面・解像度:2560×1080
解像度:2560×1080

FF14の画面・解像度:1920×1080
解像度:1920×1080

景色が全然違うのがお分かりでしょうか?
画像左右の端を比べてもらえばわかりますが、1920のほうですと2560に比べると見えてる範囲が違いますよね?

これだけ見えてる部分が違うということは、例えば1920の画面では見えないことが2560のほうでは見えるギミックなどもあるので、よけやすかったりします。どんな状況になっているのかわかっている場合が多々あったりします。
通常見えないものが見えるというだけで有利になります。HUB設定の自由度も範囲が広がった分かなり上がりますので攻略に有利です。

実際に同じLSメンバーが1920のモニタから2560のモニタをオススメしたところ「これはずるいw」というお言葉をいただいたほどです。

Premiere Proの画面

Premiere Proの画面・解像度:2560×1080
解像度:2560×1080

Premiere Proの画面・解像度:1920×1080
解像度:1920×1080

比べて一番わかりやすいのは、シーケンスの部分ですね。1920に比べて時間が長く見えるのがわかると思います。これによってタイムラインの管理がやりやすくなりますし、横幅が多いことによってワークスペースの自由度も上げることが出来ます。

Dreamweaverの画面

Dreamweaverの画面・解像度:2560×1080
解像度:2560×1080

Dreamweaverの画面・解像度:1920×1080
解像度:1920×1080

ソースコード部分が長くなっているのがわかると思います。1920ではサンプルのテキストが折り返してしまっていますが2560では折り返しなし!これだけ違うんです!違うんです!
Premiereと同様、自部んお好きな形にワークスペースを変更することもやりやすいですし、横幅長いのは有利なことが多いのです。

これに慣れちゃうと、もうもどれなーーーい!

このスペック・このサイズで安い

驚きなのが、結構値段が安い。同様のワイドモニタだと5万以上しちゃったりしますが、ゲーミングモニタでワイドの部類ではスペックも悪くないのにアマゾンですと3万前後で購入可能!
相当人気なので売り切れな時が結構あるので注意が必要ですね。

ゲーミングPCなので色々な設定が出来る

このあたりはこのモニタでなくてもいいのですが、ゲームをする際に必要な色などの設定なども豊富に用意されていますし、1ms Motion Blur Reductionなので残像感もかなり軽減されていますね。

ブルーライト軽減モードで目の負担が軽減

ゲームや写真の仕事などは、かなり明るくした設定にしているので目が本当に疲れるのですが、ブルーライト軽減モードにするとかなり負担が楽になります。
変えた瞬間に目に感じていた圧力みたいなのが無くなるのがわかるので重宝しています。

設定が楽に出来る「OnScreen Control」アプリ

LGの公式がモニタの設定用に出しているアプリ「OnScreen Control」がかなり便利です。
ここで色々な設定が出来ますので自分のスタイルに合わせて設定が可能です。
どんな設定が出来るのか見ていきましょう。

Screen Split

Screen Split

画面内で分割が出来るようになります。
例えばYoutubeを2窓で見たい!という時にはYoutubeを2つ開いて「2分割」をクリックするだけで綺麗に2窓に分けることが出来ます。
横幅が広いから1画面でも色々な形で使うことが出来ますね。

モニタの設定

モニタの設定

ここでモニタの明るさやコントラストの設定が出来ます。自分のお好み設定がもちろんできますが、もともとある設定に変更することもできます。
ブルーライト軽減モードなどもここで選択することが出来ます。

My Application Preset

My Application Preset

私はこの機能は使用していませんが、自分が使うものによってモニタの設定を変えることが出来ます。例えばゲームの時はこれ、Premiere Proを使う時はこれ。ブラウザはこれなどと、使用するもので自動的にモニタ設定を呼び出します。

ゲームモード設定

ゲームモード設定

モニタ設定と同様ですが、ここではゲーム用の設定ということで設定が可能です。PUBGなどのFPSゲームはここを上手く調整したほうが勝利に近づきます。

弱点はないのか?

実は弱点らしい弱点はないのですが、一応2点だけありますね。

全体的に小さい

インチは29と大きいのですが、横に長いだけなので実は全体的に見えるものは小さいです。
24インチモニタと比べてもフォントが少し小さいかもしれません。大きく文字を見たい!キャラを見たい!という人は少し向かないのかなー。。。ただそんなに大差あるものでもないですが、弱点として挙げるならここですかね。

衝撃に弱め

これは他のモニタにも同様ですが、私実はこれでこのモニタ2台目です。不慮の事故で手が当たってしまい画面が割れてしまった経験があるのでそのあたりは注意したほうがよいですね。

スペックをご紹介

簡単なスペックもまとめておきますね。購入のご参考にどうぞ。

入力端子

LGモニタ 29UM69G-B入力端子

  • HDMI
  • DisplayPort
  • ヘッドホン
  • USB Type-C

簡単なスペック

画面サイズ 29インチ
解像度 2560×1080
表面処理 ノングレア
輝度 250cd/㎡
パネル・タイプ IPS
寸法 703×415×204
重量 5.5

という感じでかなりオススメなワイドモニタです。
私は、モニタ3台使っていますが、LG29UM69G-Bをメインモニタに使ってるほどです。
戻れなくなるので本当にオススメ!

簡単にオススメポイントのまとめると

  • 解像度が2560と広いのでいつもは見えない部分が見えるようになる
  • 仕事でもゲームでもとにかく有利
  • ゲーミングモニタなので様々な設定が可能
  • ワンモニタの人は更にオススメ
  • OnScreen Controlが使いやすい

実はこれの34インチ版もあるんです。29インチより少しお値段は張りますが、解像度は同じでインチだけ大きくなっているので唯一といっていい弱点で全体的に小さく見えるという弱点が改善されるのではないでしょうか。(使ったことはないのでわかりませんが)
本当に極めたいという人は34インチ版を買っても良いかもですね。この値段だと他の違うワイドモニタのほうが良いかもですが。。。。

34インチ買いたい人はここから買えるよー!

29インチはこっちねー。

是非検討中の方はワイドモニタの魅力においでませ~!

  • この記事を書いた人

アイセブン

ゲームと食べること大好きなおじちゃんです。 色んなことをブログで書いていきたいと思っておりますよー。

-GOODS, PC
-, , ,